コンテンツマーケティングとユーザー

私達ユーザー側が求めることには、多様化するコンテンツが、より進歩していくことです。
私たちは良い意味でも悪い意味でも『慣れ』を経験してしまいますので、同一のコンテンツを長い間そのままにしておくだけでは、ユーザーは飽きてしまいます。
その『飽き』はめずらしいものではなく、とても自然なことであるといえます。
そしてそれは一部のユーザーだけでなく、多くのユーザーがそうであると言えます。
多くのユーザーがそういった意見を持っているからこそ、それがより長期的に多くの人に利用されるように、良い方向への進歩が求められるといえます。
さて、私達が求めている進歩とは、どのようなものなのでしょうか。
単に動作性がアップするような進歩では、ユーザーは離れてしまうかもしれません。
また、そもそもそのコンテンツに関して、多くの人が関心を持たなければ、全く意味がありません。
内容が良いものだとしても、その手段が伴っていないと、意味がないからです。

普段通常のユーザーでいると、そういった事柄は考えないかもしれません。
しかし、それを提供している企業側は、それらについていつも考えている必要があります。
コンテンツをどのように、しかもどの方向に進歩させていくか、といういことが非常に大切になるのです。
そこで考えることができるのが、より多くの人に自社のサービスやコンテンツを利用してもらうように行う、『インパウンドマーケティング』(コンテンツマーケティング)です。
それは何でしょうか。



■管理人特選サイト
コンテンツマーケティング戦略や実践ノウハウなどを紹介しています。
>> コンテンツマーケティング戦略